文字サイズ

リウマチQ&A現場で活躍する医療の専門家が答える

メールアドレス、個人情報などの登録なしで質問ができます

(確認画面があります)

回答あり

  • 印刷

ボタンホール変形 小指の治療について

ボタンホール変形についておたずねします。
リウマチで現在血液検査の結果も落ち着いていますが、右手小指が半年以上、第2関節が腫れていて通院の度に主治医にも報告しておりました。リウマトレックスの薬の量を増やして様子をみておりましたが、最近小指が変形してきました。
自分で検索してみるとボタンホール変形のようで、主治医にも伝えたところ、「そうですね」 また薬を増やしてみましょうと言われました。患部への注射や手術で治療することを検索した時に知ったので、その事も質問してみると、「小指の関節は小さく、注射も手術も難しいですね」と。「このままですか?」と再度聞いたところ、「ケンが切れて曲げられなくなって日常生活に支障をきたすようならば手術をします。」といわれました。
小指の場合このような治療になるのが普通でしょうか。変形してきている指が心配でたまりません。

よろしくお願い致します。

質問者:匿名希望さん 2020/07/10 23:41 【カテゴリー:治療

1件の回答があります。

回答者

伊藤 淳
<医師>

専門家の回答

回答日時:2020/07/16 13:27

ボタンホール変形を手術により、かたちの矯正を行う方法はあります。通常は、変形のために手指が使いにくくなったために行います。見た目が気になるために手術を行うことは通常ありません。

伊藤 淳 医師 相模大野駅前タワー整形外科・リウマチ科

ホームページ

痛みは患者様が一番辛いこと。当院では、痛みを取るために速やかな診断を行います。
また「疾患を診る以上に患者様の暮らしを見る」ことを心がけています。
地域の一員として暮らしの中に根ざした治療を目指ています。