文字サイズ

リウマチQ&A現場で活躍する医療の専門家が答える

メールアドレス、個人情報などの登録なしで質問ができます

(確認画面があります)

回答あり

  • 印刷

内服薬の効果と肩の痛み

 以前も質問させていただいたものです。よろしくお願いします。
血液検査ではリウマチの指標となるものはいずれも正常範囲内であるが、右手中指、薬指の腫れ、こわばりが2ヶ月以上続いたため、リウマチとして治療開始しました。
 R2.12.2から、メトトレキサート3錠から開始し、R3.1.20現在5錠(朝4錠、夕1錠)内服中です。
 内服は忘れずにきちんと飲めています。飲み始めはなかったのに、最近、左手もジンジンするようになってきました。腫れたり強ばりは今のところありません。
効果がでるのに時間がかかるといわれましたが、だいたいどのくらいで効いてくるものなのでしょうか。体が小さいので、増やしても6錠までの方がいいと言われています。この薬が効くことを祈っていますが、不安です。
 もう一つ、昨年11月中旬頃より、五十肩のような症状があり、痛くてエプロンの紐が結べない、腕が上がらないなどの状況です。主治医は、リウマチかもしれないし、年齢からしても五十肩かもしれないと言われていますが、こういう症状はよくあることなのでしょうか。
よろしくお願い致します。

質問者:ひまわりさん 2021/01/24 20:57 【カテゴリー:治療

1件の回答があります。

回答者

伊藤 淳
<医師>

専門家の回答

回答日時:2021/01/25 18:49

手指にこわばりがあって、その後に、左手もジンジンしてきたということですの、両手指のむくみから起きたこわばりで、その後に手根管症候群を発症してきた可能性があります。肩については、五十肩の可能性を強く疑います。手根管症候群を診察加療している整形外科に受診してみることをお勧めします。

伊藤 淳 医師 相模大野駅前タワー整形外科・リウマチ科

ホームページ

痛みは患者様が一番辛いこと。当院では、痛みを取るために速やかな診断を行います。
また「疾患を診る以上に患者様の暮らしを見る」ことを心がけています。
地域の一員として暮らしの中に根ざした治療を目指ています。