文字サイズ

リウマチQ&A現場で活躍する医療の専門家が答える

メールアドレス、個人情報などの登録なしで質問ができます

(確認画面があります)

回答あり

  • 印刷

リウマチ性多発筋痛症に関して

「ふらつき」「筋力の低下」を感じ神経内科を受診したところ、軽い脊髄小脳変性症の疑いがあると診断されました。然し、その際に受けた血液検査にて抗核抗体の値が160倍以上且つHOMO型の値も高いとのことでリウマチ性多発筋痛症の可能性を指摘され、こちらを優先的に治療(ステロイド治療)する流れに(B型肝炎ウイルスキャリアのため、肝臓の数値を調べてからの治療)。
ここで質問です。背中の張りは感じているものの、それ以上に急激な筋肉の衰え(肉が垂れ下がるなど見た目的にも)をより強く実感している状況でも、痛みを感じる筋痛症なのでしょうか。また、他の膠原病の中に筋力の低下が症状として表れるものはあるのでしょうか。

質問者:匿名希望さん 2022/05/11 19:38 【カテゴリー:症状

1件の回答があります。

回答者

伊藤 淳
<医師>

専門家の回答

回答日時:2022/05/31 08:33

膠原病の中で筋力の低下が症状として表れるものに、皮膚筋炎があります。

伊藤 淳 医師 相模大野駅前タワー整形外科・リウマチ科

ホームページ

痛みは患者様が一番辛いこと。当院では、痛みを取るために速やかな診断を行います。
また「疾患を診る以上に患者様の暮らしを見る」ことを心がけています。
地域の一員として暮らしの中に根ざした治療を目指ています。